手伝うことが前提

Pocket

手伝う単身の場合、業者でも荷物が少ないことがわかっています。合積みにするというのもこのメリットを生かしていますが、専用のボックスを用意して、その容積内であれば一定額で納まるというサービスも有効です。いくつか用意されていることがありますが、1ボックス当たりの料金となってくるため、非常に使い勝手に優れます。収まりさえすればいいため、何でも詰め込めるようになっていますが、これも1台のトラックで搬送していくサービスのため経費が削減可能です。ただし、荷物が収まらなければ意味がないため、あまりに多くある場合には検討していくことが増えます。逆に生活必需品しかないようであれば、かなり安価になってくるでしょう。

人員というところが、引越し業者の費用に多くかかわってくることから、自分も手伝って安くあげるという方法もあります。軽トラック便などで使われている方法ですが、基本的にドライバー一人しか来ません。非常に安価に設定されている代わりに、大きな荷物や重い荷物に関しては、手伝ってあげることが条件となっています。それでも、かなり安価になってくるため、ある程度の荷物量であれば、手間はかかりますが十分検討に値するサービスといえるでしょう。

≪参照記事≫
荷物の処分
有効な合積み
単身の引越し